トイレの女神を唄える“はっぴねす”2011年01月29日 09:29

「トイレには・・きれいな女神様がいるんやで」
という唄がラジオから流れてきた。
「毎日トイレをぴかぴかにしたら,
女神みたいにべっぴんになれるんやで」
という歌詞もある。
昨年,大いに流行った

日常のなかにトイレがあり,
そのトイレにはきれいな女神がすんでいる。
トイレをきれいにみがく者は,
その女神のようにきれいになれる・・。

これがなぜ流行ったのか?
カギは歌い手の実話を唄にしたという点。

歌い手には,
確執のすえ,不和になった祖母がいた。
長い間疎遠だった祖母に,
入院したと聞いて会いに行く。
話をする間もなく,
祖母の口から出たのは,
「もう帰りー」。
翌日,祖母は帰らぬ人となった。
実は私を待ってくれていた祖母・・。
その祖母が教えてくれたのがトイレ神話。

すなわち,実話のもつリアリティが,
聴く者に情味をあたえるのである。

トイレのある日常を与件とし,
トイレをメディアとする祖母と孫の関わり,
これが流行り唄を生み出すトリガーとなった。

おとつい,やっぱりラジオで,
「トイレのない日常」がレポートされていた
(NHK第1「ワールドリポート」)。
いま世界の人口はおよそ69億。
その1/3以上の26億人は,
トイレのない日常を送っている。
インドで,インドネシアで,中国で。

トイレがない日常。
それに起因する病気,不衛生がひろがる日常。
しかも,
トイレのない日常を公に取り上げることが
タブーとされる日常が覆い被さる。

彼の地においては,
トイレはメディアとなるはずもない。
祖母と孫を
とりもつ神話が生まれるべくもない。
これが同時代の世界のもう一つの日常なのである。

そこで想起されるのが,
トイレとよべるものがなかった16世紀のパリ。
ラブレーが,スカトロジー文学をひりだした,
あの時空・・。
厠のない日常にすむ
Bottom Three Billion(最底辺の30億弱),
そこから生まれいづるものは何だろうか?
「女神」の向こうを張るものは,はたして・・。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://g-village.asablo.jp/blog/2011/01/29/5653111/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。