何を変える?日経「有料電子版」2010年03月04日 18:05

日経の簡易Web版〈NIKKEI NET〉が,
「日本経済新聞 電子版」に“生まれ変わる”らしい。
1日からキャンペーンが始まった。
“生まれ変わり”が,“進化”を意味するのか,
“終わりの始まり”に過ぎないのかはわからない。
「新聞メディア」の衰退が急速に進む。
全国紙の売上が,軒並みダウンするなか,
日経だけは安泰と見られてきた。
しかし,日経も例外ではなく,昨年「赤字に転落」した
「新聞」離れは,活字離れの一端であり,
若者ばかりではなく(学生の「離れ」現象は想像を絶する!),
ヨリ広く世代を超えた現象というべきであろう。

そんな中,日経が「有料電子版」の導入に踏み切った。
おそらく,大方の関心は,こんなところにあるだろう。
すなわち,専門紙とはいえ全国紙である日経が,
大手商業紙に先駆けて電子版へと舵を切ったネライは何?
リアル紙とバーチャル紙は,
後者が伸びる分だけ前者が減る,
いわゆる「ゼロサム関係」となるのか?
結局バーチャル紙も,
有料ユーザーを吸引することの困難に逢着するだけではないか?等々。
「メディアの将来」「これからのメディア」への関心といえばよい・・。

ここでは,かぁ~るぃ気持ちで「電子版」の登録を始め,
途中「あらっ?!」と「固まった」ことを紹介したい。
朝刊(リアル紙)の定期購読者が,
電子版も購読するというのが「日経Wプラン(宅配+電子版)」。

この「Wプラン」に登録すべくアクセスした。
「有料会員登録」ボタンをクリック。
日経IDを入力。現在「宅配」をチェック。「Wプラン」を選択。
宅配の購読状況の確認を受ける(そのための住所+電話番号の入力)。
任意ではあるが,なぜか,併読紙を尋ねられる。
この後,クレジットカード情報の入力が求められる。
電子版購読の決済はカード決済しかないのである。

「あらっ?!」と固まったのが,実はここだった。
なぜか。
当方は宅配をクレジットカード決済にしているからである。
普通に考えれば,すでにカード決済にしていれば,
そのまま同じものを使うか(その場合入力は省力できる),
別のカードにするのか,
を選択するような仕組みが用意されていると思う。
が,そのオプションがまったくない。
だから「固まった」のである。

そこで電話で問い合わせてみた。
何度かのやり取りのあと,わかったのが,
有料電子版購読の契約は,日本経済新聞本社との間でなされ,
新聞配達拠点の販売店は一切関与しないということであった。
つまり,従来の販売店との宅配の契約は,解除され,
(当然,従来の決済情報は引き継がれない)
あらためて本社と契約をする形で「Wプラン」
なるものが設計されているのである。
事実上,販売店の「情報力/顧客情報管理力」を
抜いてしまうように設計されているのである。

「これからのメディア」の問題といえばその通りであるが,
「宅配」の根幹そのものに関わる問題なのである。

だから「固まり」を溶くのは容易なことではないのである。

《味噌ラーメン》と《朝日ジャーナル》2009年04月21日 20:42

1970年代の初め,
札幌を郷関とする味噌ラーメンが,
東北にもお目見えした。
その時の軽~いカルチャーショック。
いまも記憶の片すみに棲む。
何軒かの店のなかに風格すら漂う店が一つあった。
もちろん麺は西山麺。
赤味噌がベースとなった
濃厚なつゆ。
軽く炒めたもやしと
チャーシュー,メンマによる演出。
だが,しかし,1980年代の半ば,
店は忽然と姿を消す。
味噌ラーメンを食べても
味噌ラーメンではない時期が,
しばらく続いた。
味の記憶が封印され,
巷の味噌ラーメンが
味噌ラーメンとなった或る日。

時は,21世紀。

かの味が復活した。
かつてのレシピを,
そのまま完全復元。
材料も昔のママ。
場所は違えど屋号も同じ。
そして,結果は・・。
当方の,かの味の記憶は独り歩きし,
まるで遠くまで行ってしまっていた。
その間,
埋め込まれた現代の味噌ラーメンの心象が
ノスタルジーを一蹴した。


先週,『朝日ジャーナル』が《怒りの復活》を遂げた。
取りあえず1回だけ,
という企画で。
しかし,これが,
どうも,味噌ラーメンとおんなじ印象である。
「右手に『ジャーナル』,左手に『マガジン』」の
〈対〉の構図が
欠如しているからなのか。
今回の編集長の訴え,
〈「知的虚栄心」や「知の復権」を〉が
そもそも現実とすれちがっているからなのか。
登場するなかで,
いまなお光彩・精彩を放っているのが,
1922年生まれの鶴見俊輔
だからなのか。

ただ,かつての1頁5段組が,
「怒りの復活」では4段組。
この編集“レシピ”の違いは大きい。
文字の大きさがまことに心地よいからである(笑)。

雑誌の変身=新書2009年03月12日 21:43

古参の「新書」またはThe新書
朝日朝刊の「文化」面に,
“新書ブーム 市場沸騰”の記事。
大型書店の新書コーナーでは,
店頭に置くレーベル数が50,
毎月入荷する新刊が150点で,
日々の補充は段ボール8箱,とある。
驚くべきボリュームである。
新書洪水,そのものなのである。

『中央公論』の編集長いわく。
背景には出版不況があり,
「値段が安く参入障壁が低い新書はデフレ商品」
相次ぐ「雑誌休刊であぶれた雑誌編集者」の流入も
増幅要因となり
「形は新書だが著者も中身も
タイトルも何でもありの
新書が生まれた。」

なるほど,と思う。
“雑誌沈没”と“新書ブーム”。
これがウラとオモテの関係だというのである。
昨年は『論座』,『月刊現代』,
今年は『広告批評』,『諸君』などなど。
イデオロギー的立ち位置に関係なく,
〈雑誌〉なるメディア
そのものの凋落が顕著に進む。
その凹みを
新書が塞ぐ,
これが現在というわけである。

雑誌,とりわけ月刊誌の不振がすさまじい。
月1回では世の中の流れに,
吸い込まれてしまうだけ。
オピニオン・リーダーとして,
世論を喚起する,なんて
大昔の話である。

『月刊現代』の
編集長の言ったことが,
衝撃的だった。
「秋葉原の殺人事件も,
次の事件があれば忘れ去られる。
事件後すぐ用意した原稿が,
発売段階では話題にもならなかった。」

だから,
雑誌編集者が〈新書〉へと
次々となだれこむ。
まるで,創刊号だけの
雑誌を出すノリで。
かくて,
なんでもありの新書の氾濫にいたった。

わたしたちの世代にとっての〈新書〉は,
「現代人の現代的教養」の書(岩波新書の「発足の言葉」)
であった。
古典の器として〈文庫本〉があり,
書下ろしの媒体として〈新書〉がある,
という関係であった。
その限りでは,〈文庫〉が〈新書〉よりエラカッタ。
とはいえ,
かつての〈新書〉,
ブームに沸くいまの〈新書〉
とは違う,格調ある輝きをもっていた。
一号限りのはかなさからは
遠かった・・。

↑(上の)画像は,手元にあった昔の「新書」。

ひかえ“メディア”,ラジオ2009年03月07日 15:37

今週の初め,朝日新聞の夕刊で
連載「ラジオの時代―第三部そして,これから」
が始まった。

もちろん,
第三部,ということは,
第一部「いまどこかで何かが」(昨年の6月~7月)と
第二部「あのとき あの場で」(昨年12月)があった。

テレビどころか
ネットが前景化しつつある今日,
ラジオという旧メディアの
気になる部分に焦点を
あわせた好企画である。
ラジオの現在を取材し(第一部),
その歴史をふり返った(第二部)上で,
今回(第三部)は,ラジオの将来を
見通そうというのであろう。

テレビの“絶望”,
ネットの“無限”
に対する,ラジオの独特な位相。

例えば,NHKの「ラジオ深夜便」。
高齢者を意識したこのプログラム。
パーソナリティの落ち着き,
ゆったりした口調は,
若もの向けの,
アップテンポなテレビ的
しゃべりとは,
やっぱり全然違う。
2ビートのバラードと
16ビートのR&Bやフュージョンとの大きな差,
と,言えばいいか。

そこで,ラジオについての,これまでの連載記事から
印象に残ったフレーズや言葉を
再現してみる。

生活日常対応
地域密着
等身大
参加誘発
コミュニティの実感
生命力のある言葉
想像力の刺激etc.

けっこう魅力に富んでいるのである。
実感とも重なる。
控え目なメディアなのである。
ラジオは,声が,人が
「こっち」に近づいて来る。
「こっち」が,モニター画面の
「あっち」にとびこまないと
しらけるだけの,
テレビとは,
わけが違う。

ひょっとしたら,
グローバリゼーション時代を
相対化できるメディア
なのかもしれないな,と思う。