姫岡玲治,参上?2007年10月02日 22:31

姫岡玲治は知る人ぞ知る60年安保の仕掛け人。生田浩二とともに「ブント」を牽引した。『民主主義的言辞による資本主義への忠勤--国家独占資本主義段階における改良主義批判』は,姫岡理論そのものであり,「ブント」の理論的支柱そのものであった。いわゆる大内国独資論(大内力国家独占資本主義論)は,実は姫岡国独資論にほかならない,というまことしやかな伝説ももつ。

姫岡玲治が,安保後に数理経済学を志し,スタンフォード大と京都大学を舞台に華々しい研究生活を送ってきた青木昌彦その人と知る者はさほど多くはない・・。

青木は,いまではノーベル経済学賞に最も近い日本人経済学者といわれているが,それは研究領域が単なる数理経済学というのではなく「比較制度分析」へと飛翔したことが大きく与っている。

その青木の「私の履歴書」が,昨日から日経ではじまった。数理経済学では飽きたらず,「経済や政治の制度」に加え「社会規範や文化」が一体となった制度様式へと目を向けることになった「赤い糸」が,巣鴨プリズンでの独房生活を含む「学生運動」だったというのが第1回めの昨日の話。市場経済の普遍原理だけではこの世が成り立たないことが身体化されていたということを想像させる。革命組織に「ブント」と名づけたのは自分だったというのがきょうの最後の部分。ノーベル経済学賞は,実はノーベル財団ではなく,スウェーデン国立銀行が仕切っている。だからか,どうかはわからないが,高度な政治的判断で受賞者が決まるともいわれてきた。だから,もし青木が受賞するようなことがあれば,それは世界の政治の流れがとりあえず変わったことを示すということになる・・。

技術決定論者、トフラーの新刊2006年07月05日 08:44

アルビン・トフラーの近著"Revolutionary Wealth"の邦訳『富の未来』が出た。まだ読んでいない。今朝の読売に、邦訳刊行にあわせて来日したトフラーへのインタビュー記事が載っている。これを読む限り『第三の波』、『パワーシフト』などの前著と何が違うのかまったく伝わってこない。「技術の発展が『知識』が価値を持つ新しい文明を広める」、「画一的大量生産から個々の多様性への対応 へ」、「個の創造性」などなど、この限りでは、目新しいものは何もない。これは"Revolutionary Wealth"そのものに新たな何かがないのか、インタビューした記者に新しい何かを掴み取る知識と感受性がないのか、どちらかだろう。あるいは「何れも」か。インタビューした記者が実は"Revolutionary Wealth"を読まずにトフラーに会ったのが真相ではないか・・。これからの『富』とはどのように把握されるのかにさえふれていないのだから。

J.ガルブレイス逝去2006年04月30日 18:02

J・ガルブレイス逝去の報道が流れた。97歳、老衰だったという。アメリカ経済学会の会長やアメリカアカデミー会長などを歴任し、20世紀を代表する経済学者でありながら、常に批判の対象となってきた。それは端的に言えば、市場経済至上主義をとらず、例えば寡占的巨大企業支配の社会を政府による規制、労働組合、消費者団体などのいわゆる対抗力ないし拮抗力(Countervailing Power)の存在を前提に理解しようとした点にあった。社会の編成を、市場経済だけでなく政府や労働組合、消費者団体などをもまっとうな主体として位置づけつつ、一種のパワーバランスの概念においてとらえる試みは、社会編成のドライヴィング・フォースを全的に市場経済原理にゆだねるべきことを是とする主流派経済学からはとても評価しうる代物ではなかったということだ。しかし、例えば雇用構造における正規雇用の比率の低下、格差の拡大、経済の金融化・投機化(貨殖だけが善)などの現在の傾向を考えれば、市場原理を相対化する視点の重要性を説いたガルブレイスの考えはもういちど検討されてもよいだろう。ほぼ半年前(2005年11月)には経営学の泰斗P・ドラッカーが95歳で亡くなった。やはり老衰だった。文字通り20世紀を生きた長寿の経済学者、経営学者の両巨人が相次いで逝ったことになる。「彼らは過去の人」「次の時代に入った」という扱いではなく、彼らの言説から何をひき出すのか、が今後の課題だ。